書籍

2007年06月19日

WordPress 2.2でつくる!最強のブログサイト5

WordPress 2.2でつくる!最強のブログサイト - WORD - 楽天ウェブサービス HYROX RAKUTEN APIこのエントリーを含むBuzzurlこのエントリーを含むBuzzurl

お、発売した!一から組んでみようかな。
前回もかなりお世話になったこの書籍。
ブログをカスタマイズした時は、まさか著者のヒロマサさんだって事に気づかなくてびっくりしました。
たくさんアドバイスいただきました。
必要な箇所に付箋貼りまくってがんばって作る事ができた書籍の第二弾なので。
中身も見ないで購入してしまいました。
まだAmazonでは取り扱いしてないのかな。
引き出し線で事細かに分かりやすく説明されているこの本が一押しです。
前回の「WordPress でつくる!最強のブログサイト」はインストールする所から書いてあったりします。
ロリポップなどを例に書いてあるので時々インストール方法を忘れたりした時なんか、ネットで見るよりも早いので付箋してある所を開いて何度も確認しました。
今度もボロボロになるまで見て覚えるぞー!

posted by Buzzurl[バザール]

関連リンク|WordPress最強のブログサイト書籍BlogCMSツールプラグインweblog



hyrox at 04:15|Permalinkclip!

2007年02月17日

CentOSで自宅サーバ構築する際、参考にした書物2

1から学ぶ方、Linuxに初チャレンジするのにCentOSでって方にはいいかもしれません。
CentOSサーバ構築バイブル


米田聡さんが書いている本だそうです。白箱の本とかもあって、おもしろそうな書籍を結構書いていますね。
定期購読している月刊のデザイン雑誌MDNにもPHPスクラップコーナーでチップスを紹介していました。
ただ、すでに勉強されている方には向かないかもしれません。
とりあえず、誤字が多かったです。

私はLDAPの設定が読みたくて購入しました。
一通り流し読みしたところ、下のアンディットさんが書かれている通り、この書籍は初心者を対象とした感じがします。

それは良しとしても、誤字・誤植があまりにも多すぎです。

例えばftpサーバーを導入する際、yumコマンドを打ち込むよう記載されてますが、そのコマンドが間違えてますし(vstftpdではなく vsftpdが正解)、Windowsとのファイル共有で有名なsambaのインストールに至っては、設定用パッケージのインストールコマンドがそっくり欠落しているにも関わらず、次のページでは設定用パッケージを使っての説明になってます。従って本文では「システム設定→サーバー設定にSambaが登録されています」と記載されているが、実際にそれが登録されてないので初心者だと混乱すると思います。

こういう誤字・誤植を多々見受けますので、出版を急ぐあまりにチェックが手薄になった感が否めません。

Linux特有の設定ファイルについての説明が詳しく書いてあるし、購入動機であるLDAPの設定が記載されている書籍なので、この誤字・誤植が少なければ星4くらいあげたいのですが・・。
購入を考えられた方は様子見して第二版に期待されるべきかと。

ちなみに書籍の内容はこんな内容です。

「CentOSサーバ構築バイブル」
Part1 CentOSの概要

 1-1 CentOSとは
   CentOSが登場した理由
    コラム Red Hat Linuxの歴史
 1-2 CentOSのカーネル〜カーネル2.6の特徴
   カーネル2.6の新機能
   カーネル2.6は今も発展中?
 1-3 CentOSとセキュリティ〜SELinuxとは
   古典的なUNIX系OSのセキュリティ
   SELinuxでできること

Par2 CentOSのインストール

 2-1 CentOSを入手しよう
   CentOSの入手先とバージョン
   入手できるファイルの形式
 2-2 CentOSインストールの実際
   インストーラの起動
   パーティションの作成
   ブートローダの設定
   ネットワークの設定
   システムの設定
 2-3 ブートプロセスとランレベル
   CentOSのブートプロセス
    コラム GRUBとLILO
    コラム EFIについて
   カーネルのブートプロセス


Part3 システム管理と設定

 3-1 システム管理とは
   システム管理とは「システムの健康管理」
   システム管理の範囲
   プロファイルの作成(1)――ハードウェア情報
   プロファイルの作成(2)――起動ログ
   トラブル発生時の基本操作[レスキューモードでの起動]
 3-2 ディスク管理
   ディスクの検査
    コラム e2fsckコマンドによる不良ブロックのチェック
   ディスク容量のチェック
   coreファイルのチェックと削除
   空ファイルのチェックと削除
   すべてのユーザーが書き込み可能なファイルのチェックと削除
    コラム FTPサーバの空き容量チェック
 3-3 ディスククォータを利用したディスク容量の制限
   クォータ利用の準備
   クォータの概要
   クォータの設定
   ディスク利用情報の更新と利用状況の確認
   設定値のコピー
   クォータの操作あれこれ
 3-4 ソフトウェアRAIDでディスク管理
   CentOSがサポートするRAID
   ソフトウェアRAIDのディスク作成方法
 3-5 LVM2でディスク管理
   物理ボリューム(PV)を作成する
   LVM2でボリューム・グループ作成
   LVM2で論理ボリュームを作成
   LVM2で論理ボリュームを利用
   VG/LVのサイズを変更する
 3-6 メモリ管理
   物理的なメモリの情報
   仮想メモリの統計情報を表示する
   メモリの使用状況を表示する
 3-7 ファイルシステムの検査
   シングルユーザーモードへの移行
   ファイルシステムチェックの実行
 3-8 プロセス管理
    コラム プロセスとジョブ
   プロセス情報の収集
   プロセス優先度を変更する
   プロセスの終了
 3-9 ネットワーク管理
   ネットワークインターフェイスの状況確認
   死活確認
   通信経路の確認
   ネットワークコントローラの停止と再起動
   オープンポートの確認
 3-10 グループ/ユーザー管理
   新規ユーザーの登録/ユーザーの削除
   グループの設定
   ユーザーIDと/etc/passwdファイル
   ユーザーの有効期限
 3-11 プログラム/パッケージ管理
   プログラム/パッケージ管理の重要性
   CentOSのプログラム管理
    コラム RPMデータベースが壊れた場合
 3-12 バックアップ
   基本的かつ汎用的なバックアップ―― tarコマンド
   tarコマンドによるバックアップの実行
    コラム バックアップ操作のログ採取

Part4 ネットワークの設定

 4-1 ネットワークの構成
   本書のネットワーク構成
 4-2 ネットワークインターフェイス設定の変更と追加
   ネットワークインターフェイス設定の変更
   GUIツールでのネットワークインターフェイスの設定
   ネットワークカードの追加と設定
 4.3 さまざまなネットワーク設定ファイル
   Linuxのネットワーク設定ファイル
   Red Hatのネットワーク設定ファイル(/etc/sysconfig)
   スーパーデーモンの設定ファイル
 4-4 リモートシェルサービス(OpenSSH)
   sshのインストールと設定
   sshの接続テスト
 4-5 ファイルサーバ(vsftp)
   vsftpdのインストールと設定
   vsftpdの利用テスト

Part5 ファイルサーバの構築

 5-1 Sambaサーバの設定と運用
   Sambaのインストール
   Sambaの簡単設定
   swatで詳細設定
   Sambaの運用
 5-2 Mac向けのファイル共有「Netatalk」
   netatalkのインストール
   netatalkの設定
 5-3 UNIX固有のファイル共有サービス「NFS」
   NFSのインストール
   NFSサーバの設定
   NFSサーバのセキュリティ設定
   NFSクライアントの設定
 5-4 Webを使ったファイル共有「WebDAV」
   WebDAVのメリット
   WebDAVサーバの準備
   WebDAVサーバの設定
   クライアント側の設定
   WebDAVの日本語文字化け対策

Part6 管理サーバ「LDAP」の活用

 6-1 LDAPとは
   さまざまなOSをサポートできるLDAP
   LDAPを設定する前に
   LDAPサーバ/クライアントのインストール
 6-2 ユーザー認証をLDAPで行う
   slapdの設定
   基本データベースの作成
   ユーザーをLDAPに追加する
   クライアントの設定
   パスワードを変更する
 6-3 LDAPを管理する
   LDAPの検索を行う[ldapsearch]
   情報を変更する[ldapmodify]
   情報を削除する[ldapdelete]
 6-4 LDAPを利用してWindowsのドメインコントローラにする
   必要なファイルのセットアップ
   支援ツールの設定を変更する
   Sambaの設定変更〜ドメインコントローラの起動
   運用しよう

Part7 サービスサーバの活用

 7-1 Proxyサービス「Squid」を利用したコンテンツフィルタリング
   Squidとは
   Squidのインストール
   Squidの基本設定と起動
   ACLの記述方法と禁止ドメインの設定例
   リダイレクタの利用
   リダイレクタを利用したsquidGuardの使用例
   ファイルタイプの制限
   透過プロキシの設定
 7-2 DHCPサービス(dhcpd)
   DHCPサーバのインストールと簡単な運用法
   DHCPサーバの設定例
   DHCPサービスとDNSの連携(Dynamic DNS)
 7-3 プリンタサービス「CUPS」
   CUPSのインストールと起動
   プリンタを追加して利用する
   PPDファイルを入手してプリンタをインストールする
   CUPSの設定ファイル──IPPによるプリンタの共有
 7-4 時刻サーバ「NTP」
   ntpdの設定
   NTPサーバの自動起動とクライアントの設定
 7-5 時間により任意のコマンドを実行するサービス
   cronの使用法
 7-6 ログに関連するサービス
   syslogdの運用と設定
   logrotateの設定

Part8 DNSサーバの活用

 8-1 ドメインの基礎知識
   大規模な分散データベース〜DNS
 8-2 BINDのインストールと基本的な設定
   BINDのインストール
   namedの基本設定[/etc/named.conf]
   LAN用のネームサーバを運用してみる
   DNSに設定できるレコード
 8-3 セカンダリDNSサーバの設定
   セカンダリDNSとは
   ゾーン転送のためのSOAレコードの数値
   セカンダリDNSの設定
   プライマリDNSの追加設定
 8-4 DNS運用のノウハウ
   よく利用する設定例
   rndcコマンドの利用例

Part9 メールサーバの構築と活用

 9-1 メール配送の基礎知識
   メール配送の仕組み
   スパム問題
 9-2 sendmailの設定
   sendmailのインストール
   sendmailの基本的な設定
   メールの配送テスト
   sendmailを起動する
 9-3 Postfixの設定
   Postfixのインストール
   Postfixの基本設定
   Postfixを起動する
   Spamassassinによるスパム対策
   SMTP Authを設定する
   別名にメールを送る
   LDAPから別名を取得する
 9-4 POP3/IMAPサーバ「Dovecot」の構築と設定
   POP3の設定
   IMAPの利用

Part10 Webサーバの設定

 10-1 Apache 2の特徴とインストール
   Apacheとは
   Apache 2の特徴
   Apacheのインストール
 10-2 Apacheの基本的な設定
   GUIを使用した簡単な設定
   動作テスト
 10-3 Apacheの詳細設定
   Apache 2の主要な設定ファイル
   そのほかの設定ファイル
 10-4 SSLを使用する
   SSLとは
   認証局を巡る議論
   SSLのインストールと証明書の作成
   認証局への登録と設定ファイルの編集
 10-5 PHPをインストールしてみよう
   PHPのインストールと実行の確認
   PHPアプリケーションの導入例――Webメールシステム
 10-6 CGIの実行
   CGIを実行するには
   mod_perlの設定

Part11 セキュリティ

 11-1 パケットフィルタリング
   Netfilter
   Netfilterモジュールとiptablesの基本設定
   iptablesで現在のルールを表示する
   iptablesのポリシーを設定する
   iptablesのルールを追加する
   iptablesのルールを削除する
   iptablesのユーザー定義チェインを設定する
   iptablesのルールを保存する
   インターネットサーバ用途のiptablesの設定例
   ルータ用途のiptablesの設定例
 11-2 SELinux
   SELinuxとは
   SELinuxの機能
   SELinuxの基本設定
   SELinuxのポリシー
   SELinuxのツール

Part12 メンテナンス

 12-1 システム管理ツール「MRTG」
   MRTGとは
   MRTGのしくみ
    コラム Linuxで使われるSNMP
   MRTGのインストール前の準備
    コラム インストールされているパッケージを確認する場合の注意
    コラム net-snmpインストール操作でインストールされるパッケージ
    コラム コミュニティの制限
    コラム SNMPのバージョン
   MRTGのインストール
    コラム 確認なしでインストールする
   MRTGの基本設定
    コラム mrtg.cfgの文法
   MRTGの起動と動作確認
    コラム シェル変数「LANG」をセットしている理由
   日本語環境での利用
   CPU利用状況の表示
   メモリ使用状況の表示
   ハードディスク利用状況の表示
   MRTGのデータ自動更新
   インデックスページの作成
 12-2 Webログ管理ツール「Webalizer」
   Webalizerとは
   Webalizerの仕組み
   Webalizerのインストール
   Webalizerの基本設定
    コラム 起動時に表示されるメッセージ
    コラム さらにグループ化する
   ワーキングディレクトリの設定
    コラム 検索フレーズのキー
   動作確認
   日本語表示
   検索文字列の文字化けを解消する
    コラム サーバ運用とGUI、そして日本語

Part13 Red Hat Linux/Fedora Coreからの移行のポイント

 13-1 ほかのディストリビューションからCentOSに移行する
   Red Hat Linuxからの移行
   CentOSへのアップグレードが可能なディストリビューション
 13-2 Red Hat Linux系Linuxからの移行
   ユーザーアカウントの移行
   メールスプールおよびメールサーバの移行
   データベースの移行
   Webサーバの移行
   そのほかのサーバ

関連リンク|CentOSLinuxFedora

hyrox at 02:19|Permalinkclip!