2006年07月07日

CentOSでSambaサーバの設定(LINUX)5

さぁ、ちょっと難しくなってきたかな?(僕の中でわ・・汗)
みんなは多分、まだまだ大丈夫だと思うがきっと僕くらいアホな人たちはいっぱいいるだろうからSambaのインストールと設定をここに書いてやろう(ほんまわ自分のメモ用が目的)
まず最初にSamba(サンバ)のインストールをします。毎度おなじみ"yum install ・・・"ってやつで最新バージョンをインストールする事ができます!
[1]"Samba"のインストールをします。

[root@admin/]# yum install samba

そうするとなんかズラズラ〜といろいろ表示した後に・・・
19Mほんまにインストールしてええのん?って聞いてくるさかい、答えは当然「YES」!

Total download size: 19 M
Is this ok [y/N]: y

「y」を押してENTERを押す!

[2]"Samba-swat"もインストールをします。

[root@admin/]# yum install samba-swat

今度は6.6Mのファイル。またしても答えは「YES」!

Total download size: 6.6 M
Is this ok [y/N]: y

「y」を押してENTERを押して・・・
complete!って出たら無事インストールは完了!

[3]"swat"の設定を行います。

[root@admin/]# vi /etc/xinetd.d/swat


[4]"swat"の設定を編集します。

# default: off
# description: SWAT is the Samba Web Admin Tool. Use swat \
# to configure your Samba server. To use SWAT, \
# connect to port 901 with your favorite web browser.
service swat
{
port = 901
socket_type = stream
wait = no
only_from = 127.0.0.1 192.168.1.0/24 ←変更(※1)
user = root
server = /usr/sbin/swat
log_on_failure += USERID
disable = no ←変更(※2)
}


上記の画面では変更された時の状態です。下記参照してください。
※変更1:"127.0.0.1(サーバやローカルのアドレス)"の後にスペースを空けて"192.168.1.0/24(マスクビットを指定した形)"を追加してあげます。

only_from = 127.0.0.1

only_from = 127.0.0.1 192.168.1.0/24 ←IPを調べて入力してね。スペース区切りで追加!

※変更2:"disable(拒否)"が"yes"になっているので"no"に変える。

disable = yes

disable = no


編集できたら保存します。

[5]"xinetd"を再起動させます。

[root@admin/]# /etc/init.d/xinetd restart


次に"smb.conf"などの設定をします!(ここから慎重にね☆)

[6]"sambaサーバ"へアクセスするユーザーの設定。

[root@admin/]# smbpasswd -a ユーザー名を入力
New SMB password: ←パスワードを入力
Retype new SMB password: ←確認用で上記と同じパスワードを入力

成功すると下記のように表示されます。
startsmbfilepwent_internal: file /etc/samba/smbpasswd did not exist. File successfully created.
Added user linux.

[7]"全ユーザがアクセス可能な共有パス"の作成。

[root@admin/]# mkdir /home/samba
[root@admin/]# chmod 777 /home/samba


[8]"samba/smb"の設定を行います。

[root@admin/]# vi /etc/samba/smb


[9]"samba/smb"を編集します。

[root@admin/]# vi /etc/samba/smb.conf
# This is the main Samba configuration file. You should read the
# smb.conf(5) manual page in order to understand the options listed
# here. Samba has a huge number of configurable options (perhaps too
# many!) most of which are not shown in this example
#
# Any line which starts with a ; (semi-colon) or a # (hash)
# is a comment and is ignored. In this example we will use a #
# for commentry and a ; for parts of the config file that you
# may wish to enable
#
# NOTE: Whenever you modify this file you should run the command "testparm"
# to check that you have not made any basic syntactic errors.
#
#======================= Global Settings =====================================
#globalセクションの編集
[global]
#Linux側の日本語文字コード
unix charset = eucJP
display charset = eucJP
#Windows側の日本語文字コード
dos charset = CP932

#ファイル作成時のパーミッション(誰でも読み書き・削除できる様にする) 2006/04/17 の情報
create mask = 0777
force create mode = 0777
security mask = 0777
force security mode = 0777
#ディレクトリ作成時のパーミッション(誰でも読み書き・削除できる様にする) 2006/04/17 の情報
directory mask = 0777
force directory mode = 0777
directory security mask = 0777
force directory security mode = 0777
#ファイル・ディレクトリ作成時の所有者を「root」にする 2006/04/17 の情報
force user = root

# workgroup = NT-Domain-Name or Workgroup-Name
#ワークグループ名の指定(Windowsのネットワークのドメイン名またはワークグループと同じにする)
workgroup = WORKGROUP

# This option is important for security. It allows you to restrict
# connections to machines which are on your local network. The
# following example restricts access to two C class networks and
# the "loopback" interface. For more examples of the syntax see
# the smb.conf man page
#内部からのアクセスを可能とする(外部からはアクセスさせない)
hosts allow = 192.168.1. 127. ←IPを調べて入力してね。スペース区切りで追加!

# A publicly accessible directory, but read only, except for people in
# the "staff" group
#publicセクションの編集
#";"を削除し有効にする
[public]
comment = Public Stuff
path = /home/samba
public = yes
#以下の行をの情報(書き込み可能)
writable = yes
; read only = yes
; write list = @staff

上記のように修正・追加を行ってください。

[10]"samba"を起動します。

[root@admin/]# /etc/rc.d/init.d/smb start


※ダメな時は再起動します。

[root@admin/]# /etc/rc.d/init.d/smb restart


[11]"OSの再起動"を行なった時に"sambaを自動的に起動"するように設定します。

[root@admin/]# chkconfig smb on
[root@admin/]# chkconfig --list smb

下記のように表示されれば成功です!

smb 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off


[12]"sambaの動作確認"をします。

1. クライアント(Windows)より、『マイネットワーク』→『ネットワーク全体』→『Microsoft Windows Network』→『Workgroup』を開き【Samba Server (Fedora)】が存在していることを確認する。
(Windowsが認識するまで数分かかる場合があります。)
2. 【Samba Server (Fedora)】をダブルクリックすると『linux』と『public』のフォルダがあると思います。
この『linux』はログイン(アクセス)したユーザの個人フォルダで、『public』は全ユーザがアクセス可能な共有フォルダです。


[13]"Samba"の設定画面を表示させます。
下記のURLをブラウザで表示させてください。

http://サーバのアドレス(192.168.×.×):901/


・・するとユーザー名とパスワードを入力するプロントが表示されるので入力してログインすると〜〜・・・

やったー!!やっと見れました(感涙)
サーバーって何だか機能追加ってよりもパソコンに「命」を吹き込んでいく感じがしますねぇ〜♪そう!うまくいくと楽しい!

まだまだって笑われてそうだけどいいんだ。自己満足で!!

・・・そうそう、設定がうまくいかなかった方は「etc/xinetd.d/swat」の設定ミスしてますので再度ご確認ください!

僕の場合は「エラー403」で"hosts allow"が違うって親切に教えてくれる画面が表示したのでIPの再設定で表示させる事ができました。

CSSと違ってこうやってエラーを教えてくれるのはありがたいもんですなぁ。




hyrox at 06:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!LINUX | CentOS

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔